活動内容

2013年6月23日 2013年度第1回放射線測定会を開催しました。~結果を公表します~

 6月23日、SCIとして今年度に入って初めての放射線測定会を、SWR株式会社放射線測定室にて開催しました。
  (本測定会は、いちかわ1%支援事業に登録しています。)
 
 当日は、大人9名(うち男性3名)、子供7名の計16名が参加し、測定をしながらの情報交換(おしゃべり?)、そしてランチをはさみながら、東邦大学名誉教授の桂川先生に結果についての考え方などを教えていただきました。
  

  この日は、主に市川市内の産物・土壌を中心に、10品目の測定を行いました。
  結果概要は下記の通りです。(詳しくは添付のエクセルファイルをご覧ください)


 ★土壌4か所
    柏井町(農耕地)   : 174.8Bq/kg
    柏井町(農耕地以外) : 380.4Bq/kg
    中国分(自宅の庭)  : 843.9Bqkg
    東大和(プランター) : 808.6Bq/kg
 
 ★食品5品
    小松菜(中国分)   : 不検出
    長ネギ(市川産)   : 不検出
    大根(市川産)    : 不検出
    青梅(柏井町)    : 5.3Bq/kg
    生卵(鹿児島産)   : 不検出
       
  ★水道水1箇所
     中国分       : 不検出
 
 土壌については、2か所の個人宅提供の土壌で、約800~850Bq/kgの値となりました。
  柏井町の畑では、農耕地以外だと約380Bq/kg、農耕地はその半分以下でした。
 
 食品については、青梅だけが5.3Bq/kg検出され、それ以外は不検出でした。
  鹿児島の卵は、メンバーで買っている方が多いので、念のため、と確認をしました。
 
 桂川先生のご講義により、いずれの結果についても心配する値ではないということを確認することができました。
  土壌については、市川だと800ぐらいの値はおそらくどこでも出るだろうとのことです。震災前はほぼゼロだったことを考えればやっぱり市川に降ってきたことが確認できます。
  青梅は、梅ジュースにしても梅干しにしてもそんなに梅そのものをたくさん食べることはないことからしても、心配する値ではないということです。
  ただ、たとえ1Bqでも検出されたものは子どもに食べさせたくないという考えもあります。それはそれぞれの価値判断によるところです。
 
 年内には少なくともあと1回、測定会を予定しています。ご関心の方はぜひメンバーへ!
  このような測定会&勉強会&ゆる茶の機会を通じて、安心できる環境を作っていければと思っています。
 
 また、SWR株式会社さんには、大勢の子連れで騒がしい中、今回も測定・場所の提供でご協力いただきました。
  この場を借りて御礼申し上げます!
 

 写真は、当日の測定の様子です!

第一回測定結果
第1回測定結果.xlsx
Microsoft Excel 13.5 KB

2013年5月26日 市川市1%支援制度の支援対象団体になりました!

Save Child市川が、平成25年度の市川市1%支援制度の支援対象団体になりました
 
支援対象事業では、2回の放射線測定会を予定したいと考えています。
 
事業金額は4万円、半額に相当する支援額は2万円です。
 


6月1日(土)発行予定の「広報いちかわ特別号」にて詳細が掲載されそうですので、
 そちらもご確認ください。
 
今年度はぜひ、SCIへの支援よろしくお願いします!
 
http://www.city.ichikawa.lg.jp/pla06/1111000002.html

2013年2月1日 マイクロスポット対策に関する市への要望と、市からの報告

SCIでは、メンバーが2012年夏より市内を歩いて測定し、0.23μSv/hを超える高線量の箇所がいくつも確認されたことから、2012年10月に、大久保市長あてにマイクロスポット対策に関して要望を提出しました。

2012年12月には、指摘した9地点について、低減対策完了したとの連絡を市から書面でいただきました。書面では、写真付きで対応が実施されたことが報告されています。

市川市においてマイクロスポット対策が一層進むよう、SCIとしても活動を続け、市にも積極的に取り組んでくださるよう求めていきたいと考えています。
 


1) 2012年10月13日(土) 大久保市長に「マイクロホットスポット対策に関する要望書」提出


2012年10/13(土)、SCIは大久保市長に「市川市内の園・学校における除染(マイクロホットスポット対策)に関する要望書」を提出しました(添付1)

市川市内に多数存在するマイクロホットスポットの一例として、市内の9測定地点のデータ(SWR株式会社作成)も同時に提出しました(添付2)
 
2) 2012年10月30日(火) 大久保市長より「マイクロホットスポット対策に関する要望書」に対する回答
 

2012年10/30(火)、大久保市長より2012年10/13(土)提出の要望書に対する回答書をいただきました(添付3)
この内容について、SCIでは引き続きアプローチ方法を検討していきます。
  


3) 2012年12月17日(月) 放射能対策課 佐藤課長よりマイクロホットスポット9地点の低減対策完了報告
 

2012年10/13(土)に大久保市長あてに提出した市内のマイクロホットスポット9測定地点の、低減対策完了のご報告を2012年12/17(月)にいただきました(添付4)
 
SCIは、今後もSWRさんと協力して市川市内の通学路や公園周辺など、気になるところの放射線量を測定し、線量の高いところを見つけた場合には市に低減対策を求めていきます。
 

添付1
1_市長あてマイクロスポット対策要望書20121013.pdf
PDFファイル 69.3 KB
添付2
2_市川市内の放射線測定.pdf
PDFファイル 497.4 KB
添付3
3_SCIマイクロスポット要望への市の回答_20111030.pdf
PDFファイル 361.1 KB
添付4
4_SCIマイクロスポット要望への市の対応連絡_20111217.pdf
PDFファイル 217.9 KB

2012年11月9日 SCIゆる茶を開催しました

信篤公民館にてSCIのメンバーで“ゆる茶”を開催しました。名前の通り、「ゆるくお茶」をしながら放射能についての悩みや心配、日ごろの対応などをおしゃべりするものです。

SCIに新しく参加したメンバーも多く、子供達もたくさん参加して、フレッシュで、またにぎやかな場となりました。
SCIが通学路などの放射線量測定の際にお世話になっているSWR株式会社の山口さんも参加いただき、気になることを色々熱心に質問していました。
 
また今回も、熊本に移住したメンバーと名古屋に転勤したメンバーがそれぞれお野菜や粉ものを段ボールにたくさん詰めて送ってくださりミニ八百屋(ゆる茶として2回目)も開催しました。
 
熊本から届いたお野菜は、有機・無農薬・減農薬だけを取り扱っているお店のもの、名古屋から届いたお野菜も、地元の直売所で購入してくれたもので、手に入りづらい野菜を中心に数多く送って頂きました。
(お野菜・粉物は全て完売しました!)
 


2013年もまた、ゆる茶を企画していきたいと思います。

2012年9月15日 『気になるところを測っちゃえ!プロジェクト』測定結果の公開

『気になるところを測っちゃえ!プロジェクト』の測定結果の公開を始めました。
測定結果は、SWR株式会社のホームページに掲載されていますので、そちらをご覧下さい。

 

http://www.swr.co.jp/radiation/20120827.html


新たにページも追加しました。
今後はこちらを更新していきますので、こちらをご覧下さい。

 

2012年8月気になるところを測っちゃえ!プロジェクト始めました!

SCIでは、2012年8月から、SWR株式会社(http://www.swr.co.jp/)※さんと連携して、歩きながらの測定ができる機械を使って、市川市内の通学路や公園周辺など、気になるところの放射線量を測定する取り組みをはじました。

 
SCIメンバーとSWRさんとが一緒に歩いて、市内の、主に園、学校単位で通園・通学路を測定することを優先して進めています。
 
メンバーは目下、日程を調整しながら分担して、真夏の空を、汗をふきふき、自分たちの子どもの通う学校の通学路を中心に、測定を進めています。
 
測定結果は、近日中に、SWRさんと協力の下で公表していきたいと思っています。
 
みなさんのお住まいの地域の線量の把握をして、線量の高い場所に近寄らないように子どもたちに伝えられるといいですね。また、ホットスポットを見つけた場合には、その都度市への連絡など対応も考えていきたいと思います。
 
測定に参加したい、メンバーになって協力したいというかたは、ぜひメンバーになってくださいね。
 

 

※SWR株式会社さんは市川市内の会社であり、測定実績はクローズアップ現代でも取り上げられています。

2012年6月30日(土)「オープンゆるーいお茶会」開催

6月30日(土)SaveChild市川初の「オープンゆるーいお茶会」が開催されました。

一般の方:8名、議員(前議員):7名、SCIメンバー:16名の計31名が参加し放射能関連の話に盛り上がりました。

初めてのオープン企画という事もあり、拙い所もありましたが、議員さんも含め色々な意見を聞くことが出来、大変盛り上がりました。

やはり、まず話しをする重要さを改めて感じ、「ゆるーいお茶会」はやはりSaveChild市川の重要な企画であること実感しました。

2012年6月11日(月)市川市放射能対策課からの回答

6月11日 市の放射能対策課の佐藤課長より、質問していた6点について、添付の回答書を頂きました
 
この内容について、SCIについては引き続き検討をしていきます。

市川市放射能対策課からの回答
SaveChild市川への回答書_佐藤課長.pdf
PDFファイル 43.1 KB

2012年6月5日(火)平日版、ゆる~いお茶会(メンバー限定)開催

2012年6月5日SCIゆる~いお茶会(平日版)が開催されました。
 

新規メンバーも参加し、日頃の生活にあたっての心配事や学校・幼稚園・保育園などの放射能対策についてなど、ゆる~い雰囲気ながらも、色々とお話しました♪
 
今回は初めての試みとして、熊本にお引っ越ししたメンバーから届いた新鮮な九州産野菜の即売会も開催しました。

野菜は、購入原価そのままでお裾分けするカタチとなりました。


普段話せない事や抱えている心配事等を気持ちを同じくする仲間と話せる事は、非常に貴重な時間で、
やはり、ゆる茶会はSCIにとって重要なイベントだと改めて思いました。

 

6/5ゆるいお茶会1
6/5ゆるいお茶会1
6/5ゆるいお茶会2
6/5ゆるいお茶会2
6/5ゆるいお茶会3
6/5ゆるいお茶会3

2012年6月2日(土)【6/30ゆる~いお茶会】市川市報に掲載

6/30(土) 13:00~15:00 開催の「オープンゆる~いお茶会」が、6/2(土)発行の市川市報に掲載されました。

今後、行徳新聞、市川新聞にも掲載される予定です。

2012年5月24日(木)市川市放射能対策課と面談

 5月24日、SCIメンバー(うち何人かは子ども連れで)は、市川市放射能対策課の佐藤課長と、同課の杉本氏と面談し、市内の放射能対策について、意見交換を行いました。
このような形の場は2回目になります。
 
前回の会合に引き続き、市内の除染・給食、学校・園などの放射能対策について、市の対策についての進捗を聞き、それを受けて、よりきめ細やかな対応や市の明確な方針を求めました。佐藤課長からは、市内にはもはや0.23μ/SVを超える場所はないということ、これまでやった給食の検査ではいずれも検出限界値以下不検出と教育委員会から報告を受けている(6/3訂正)となっていることなどの報告がありましたが、SCIメンバーからは、広いところだけではなく、より局地的に高いところの対応も強化すべきこと、給食の産地表示のあり方の改善、市民清掃などにおける放射能対策に関する市の指示の徹底、などについてお願いをしました。さらに、市長との意見交換の場を改めてお願いしました。
 佐藤課長からはいくつかの点で「確認する」とのお話があり、下記の点については確認の上、追って回答いただけることになりました。
 
1、共同購入している給食食材(たけのこ、キノコ類)については、産地情報を事前に公開できるか。(学校単位での公表がされていない模様。)
 2、学校の5点計測については、平均値のみを公表しているが、各数値の公開はできないか?できないとすれば、要請すればデータは提供してもらえるか。
 3、プールの清掃について、子どもが清掃しないことになっているか。
 4、市民やPTAなどによる側溝清掃について、放射能対策に関し適切な指導を各校に書面で通達するようにできるか。
 5、市から関係団体へどのような通達(口頭、文書)をこれまでに出しているかの情報を明らかにすること。
 6、給食測定の検出限界値10ベクレルをさらに下げることはできないのか。

2012年6月30日(土)Save Child 市川主催「オープンゆる~いお茶会」開催します。

Save Child 市川が主催する「オープンゆる~いお茶会」を開催致します。
詳細はこちら

2012年3月20日(火) 『SCI瓦礫受入反対』毎日新聞に掲載されました。

SaveChild市川が反対を表明した市川市の瓦礫受入について3月20日の毎日新聞に掲載されました。

2012年3月19日(月) 市川市放射能対策室と面談を実施

3月19日、SCIメンバー(うち半数以上は子ども連れで)は、はじめて市川市放射能対策室の佐藤室長、竹内氏と面談し、市内の放射能対策について、意見交換を行いました。

また、おなじく19日に発表した、「災害がれきの受け入れに強く反対します」と いう意見書も提出し、市内の子どもの健康影響への不安を悪化させる恐れがあると、直接反対の意見を伝えました。

(意見書はこちら
 
SCIメンバーからは、市内の除染・給食などの放射能対策が不十分だと考えており、子育てに大きな不安をかかえていることや、移住をする子育て世帯もいることを伝え、もっときめ細やかに、スピーディーに、対策を取ってほしいと切実な思いをぶつけました。
また、市長にもあって直接お話をしたいとお願いしました。
 
佐藤室長はいくつかの点について、「検討する」と回答されました。

 

また、今後継続的に面談を設けて頂くになりましたので、随時掲載して行きたいと思います。

 

 

市川市放射能対策室との面談
市川市放射能対策室との面談

2012年3月19日(月) SaveChild市川は市川市の瓦礫受入に反対します

大久保博・市川市長は16日、可燃性災害廃棄物を積極的に受け入れていく方針を発表
しました。(http://www.city.ichikawa.lg.jp/env08/saigai.html
市川市内で小さな子ども・成長期の子どもを育てる親たちを中心につくるコミュニティ
として、Save Child市川はこの方針に強く反対します。

詳しくは、こちらに反対表明文を掲載致しました。

2012年3月4日(日) 第二回勉強会開催(放射能の基礎知識)

2012年3月4日(日)にSaveChild市川としての二回目となる勉強会を開催しました。

 

今回の内容は「放射能の基礎知識」。

私達の生活に入り込んできた放射能。
怖いモノでありなるべく遠ざけたいと考えて生活していますが、私達は実際はあまり放射能の事を分かっていない所もあります。

 

今回も講師は湘南パパこと加藤孝さんにお願いして、放射線の基礎知識、測定の基礎知識、数値の見方や活用法、典型的デマの説明、汚染の現実について語って頂きました。

 

「市川には膨大な量の放射性物質があるという事実。事実は事実として認識すべし。しかしそれがどのくらい人体に影響を与えるかはまた別の話」
「眉間にしわ寄せストレスを感じる生活をするくらいなら引っ越した方がいい。ここに住むなら笑顔でにこにこ。免疫アップ。」
「もし仮に300bq/kgのパンを1つ食べたとしてもそれがなんだ、年間で考えたらたいしたことはない。こら吐き出せ、子どもに鬼の形相で怒ることはない」
「冷静に現状認識し、できることをしたら、あとは明るく楽しく元気よく過ごす」

 

等等、笑いの絶えない勉強会となり、私達にとって目から鱗の言葉を聞き、改めて放射能との付き合い方をそれぞれが考える切っ掛けとなりました。

 

放射能と付き合って行く以上、一度は聞いておきたい話が盛りだくさんの内容でした。

 

次回開催も予定していますので、ご興味ある方はまたの機会に宜しくお願いします。

第二回勉強会
第二回勉強会

2012年2月2日(木) 線量マップ作り始めます

2012年2月より、市川市が個人への放射線測定器の貸与を始めました。


SaveChild市川(SCI)では、SCIメンバー自身が、貸し出しを受けた放射線測定器(HORIBA RADI)を利用して、測定した線量のマップづくりを手掛けることを決めました
マップの信憑性、正確さを確保する為、マップに掲載する計測結果は、共通の方法に基づいて実施したもののみします。

 

特に、子どもの利用することの多い公園や、通学路、公共施設やスーパーなどを中心に測定を進めていく予定です。

 

<SCI共通測定方法>
 【測定器】 HORIBA RADI (市川市貸与のもの)に限る。
 【測定高さ】50センチ。
 【測定値】①カウントダウン後の値、

      ②1分後の値、

      ③2分後の値

      の3つの値の平均値、小数点4位以下は切り捨て。
 【主な測定箇所】野外中心(公園など子供の集う場所)、スーパーや公共施設など。
         公園の場合は、公園の中心、構造物の下、

         周辺(高い線量の場所の場合は、その1メートル離れた所も)

 

  ※当面は、外部からの提供情報は、マップには利用しません。

2012年1月31日(火) 放射線計測勉強会を開催

2012年2月より、市川市が個人への放射線測定器の貸与を始めました。

これに備え、SaveChild市川では、2012年1月31日に放射線計測勉強会を開催しました。
勉強会講師には、SCIメンバーでもあり、関東一円で出張測定をなさっている加藤孝(湘南パパ)さん。
市川市が貸与する放射線測定器(HORIBA RADI)に絞って、測定方法、測定場所などについて勉強し、理解を深めました。
次回には、一般の方公開での企画を計画中です!

勉強会風景
勉強会風景

2011年12月16日(金)

SaveChild市川が協賛の『チェルノブイリへのかけはしの野呂美加さんのお話会』が開催されました。
チェルノブイリの子供達をリアルに知る野呂さんの言葉を聞いて、改めて放射能の怖さ、市川市の危険性を知ると同時に戦う勇気を貰いました。

2011年12月7日(水)

「第二回ゆるいお茶会」が開催されました。
今回は休日都合が悪い方の為に、平日に開催されました。

今回も恒例の手作りたい焼きを囲んで、放射能の悩みやその他育児の事から全然関係ない話までゆる~くお茶飲み話に花が咲きました。

2011年12月2日(金)

SaveChild市川の提出した請願書(請願第23-14号)が、2011年12月2日本会議で40人の議員全員賛成で可決となりました。

これから、請願の内容がどう行政で取り組まれるか見守っていきます。

2011年11月28日(月)

SaveChild市川の提出した請願書(請願第23-14号)は、2011年11月28日全員異議なしで総務委員会を通過しました。

これで、12月2日(金)からの本会議で審議にかけられる事になりました。

まずは、一歩前進です!

2011年11月25日(金)

平成23年12月市川市議会定例会にSaveChild市川の想いを乗せた請願書を提出しました。

詳しくはこちら

 

今後の市議会の様子は傍聴する事ができますので、ご興味ある方は是非足を運んでみて下さい。
詳しい日程はこちら
傍聴についてはこちら

2011年11月19日(土)

前回延期となった「第一回ゆるいお茶会」が開催されました。
大雨強風の中多くのメンバーが参加しました。
メンバーの一人が持参した鯛焼き機で作った手作りあったか鯛焼きを頬張りながら、
放射能の事や育児の事から全然関係ない話までゆる~くお茶飲み話に花が咲きました。

2011年11月2日(水)

第一回ゆるいお茶会開催予定も福島第一原発二号機の再臨界騒動で延期となりました。

2011年10月30日(日)

一部のメンバーが、衆議院議員村越ひろたみ氏、市川市議守屋貴子氏のタウンミーティングに参加。

2011年10月29日(土),30(日)

一部のメンバーが落ち葉ひろいプロジェクトに参加。

2011年10月23(日)

第二回全体ミーティングを行う(13名が参加)。

これからの活動内容について話し合いが行われた。

 

以後、定期的にミーティングを開催予定。

2011年10月16日(日)

初めての、全体ミーティングを行う(メンバー34名中、出席者17名が参加)。

以後、定期的にミーティングを開催予定。

2011年10月9日(日)

かつまた市議/ひだまり公園視察に同行。

2011年10月4日(火)

秋本市議/議会報告会に出席。

2011年9月21日(水)

市議会/一般質問通告 傍聴

2011年9月14日(水)

Save Child 市川 ブログ START!

2011年9月12日(月)

メンバーミーティング(7名)。Save Child 市川 の誕生。

2011年9月5日(月)

 

請願書(3通)が、総務委員会で、継続という結果になりました。

 

5日のお昼の時点では、6日の審議という予定でしたが、

急きょ5日4時半から審議を行われたようで、私達は傍聴さえ出来ずに終わってしまいました。


(総務委員会メンバー)※会派別・順不同

 

賛成議員】


社民・市民ネット 湯浅止子

民主・連合    石原よしのり

自由民主党    宮田かつみ

日本共産党    谷藤利子

         桜井雅人



反対議員

 

公明党      宮本均(委員長)

         戸村節子

新生会・市民の風 小泉文人

みらい      荒木詩郎

自由クラブ    井上義勝

緑風会      青山博一

 

2011年9月2日(金)

仲間が増えてきたため、メーリングリストを立ち上げました。

この辺りから、市川市にも放射能汚染を気にする人達が結構いるのかもしれない、と気付き始めました。

そしてtwitterで数人の仲間を募ってみました。

2011年9月2日(金)

市川市議会へ請願書(3通)を提出しました。


・市川市の学校給食食材の放射能対策と教育施設の放射能除去の早急な対応を望みます。

※署名800名分、集まりました。ご協力ありがとうございました!

 

・市川市の子ども達を低線量の内部被爆から守るために『予防原則』を取り

速やかに市川市の独自基準を作り、除染などの行動を求めます。

 

・市川市の子どもを内部被ばくから守るために給食の放射能測定体制を作る事を求める請願

 

【紹介議員】※会派別・順不同


社民・市民ネット かつまた竜太
         湯浅止子
         秋本のり子
自由民主党    かいづ勉
民主・連合    佐藤義一
         石原よしのり
         守屋貴子

日本共産党    金子貞作

 

What's New

 

 

放射線量測定結果や日々の出来事、雑感など載せています。

Save Child 市川 ブログ

 

 

 

お問合わせはこちらから